うちはいくらの家が買えるの?

マイホームを購入することを検討なさっている方々は、自分がいくらくらいの家を買えるか知りたいと思う方が多いでしょう。

家族

家を購入する際には、皆様が今用意できる現金の他に、住宅ローンなども合わせて考えることになります。
住宅ローンは皆様が将来的に返せる金額が借りられますが、目安となるのは現時点での年収です(手取りの年収)。

つまり、現時点での現金と現時点での年収についてまずは情報を整理しましょう。

現時点で500万円を用意でき、これを住宅費用に充てると仮定しましょう。
重要なのは現在の収入です。仮に、現在の月収を40万円と仮定しましょう。
この40万円のうち、15万円が住宅ローンとして使えると仮定して考えましょう。
15万円を住宅ローンにするといっても、全てを住宅のために使うわけではありません。
管理費なども含めると2万円程度かかりますので、住宅ローンに充てる金額は13万円位になります。
この13万円が1年で156万円となります。この156万円をベースに考えてみましょう。

25年ローンですと3900万円、30年ローンですと4680万円となりますね。
これに現在用意できる500万円を足しますと、25年ローンで4400万円、30年ローンで5180万円という計算になります。
もちろん、ここに住宅ローンの金利などが絡んできますので実際に購入できる住宅はもっと少額な住宅となります。
ここで金利のことを考慮に入れるとさらに話がややこしくなりますので割愛しますが、そうした金利の存在も頭にいれておきましょう。

とにかく、まずは現時点で用意できる現金と収入の情報を整理しておきましょう。
それらが住宅を買う際のベースとなる数値ですので、しっかりと把握しておきましょう!
そうした数値がわかれば住宅購入シミュレーターなども利用できますので、まずは情報を整理することからはじめましょう。

家庭をもつとマイホームという話になると思います。住宅ローンを組むにしても夫婦の共同作業となるわけです。
その中で住宅ローン払えないなんて状況がでてきても支えあっていくわけです。夢を見るのも共同作業であり、返済という義務もまた共同作業です。

デザイン・制作 Megapx  テンプレート配布 フリー素材屋Hoshino  スポンサー 節約おまとめブログ
Copyright (C) はじめての住宅購入『お金の話』 All Rights Reserved.